わりと大丈夫



ビビさんが旅立った翌朝、ペット葬儀社にお願いして荼毘に付しました。

翌日に台風接近を控えているのに、抜けるような青空と白い雲。
ビビが天国へ向かう道が明るくてよかった。

泣くだけ泣いたら吹っ切れたと言うか。
悲しむよりも、ビビなりの長い時間を共に過ごしてくれたことを感謝するほうが良いと思ったので。

いつかまた会えるように、今は頑張って生きることを努力することにします。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ