白鷺の言い伝え

IMG_4062.jpg

愛知・白鷺温泉

四方を山の緑に囲まれた渓流に臨むいで湯の里。湯につかる傷ついた白鷺の姿を見た村人によって発見されたという言い伝えが残る。



熊本・住吉神社

住吉神社は旧久木野村の氏神で、足利時代、嘉吉三年(一四四三)に建立された。伝説によると日当野村では白鷺が飛んでくると何事か異変が起こるといわれ、村では鶏さえも白色のものは飼わないことになっていた。
 この白色禁止については次のような言い伝えがある。
 当時、足利幕府から厳重な探索の指令が出ていたある重罪犯人がいた。追っ手の目を逃れて肥後路を山手にとっていた犯人は、久木野の山中に身をひそめていたが、探索の網は刻々に縮められ、ついに犯人は日当野の住吉神社境内の池のほとりにそびえる老木によじ登り、枝の繁みに身を隠していた。
 一方迫手の一行は木蔭や岩蔭などに気を配りながら住吉神社までたどりつき、渇き切った喉を池の水で潤おそうと池をのぞきこんだ。そのとき、水面に一羽の白鷺が写っているのを見た。
 梢から、はらはらしながらじーっと見ていた犯人は「神様、どうか見つからないように…」と祈った。しかし、住吉様は犯人の願いを聞いてはくれなかった。迫手の一人が池に写った白鷺を見ようとして何気なく、ふと木の上を見上げたとき、犯人は見つかってしまった。
 追手は神社が聖域であることも忘れて慌てて弓矢を射こみ、遂に鮮血を池の水に散らしながら転落してきた犯人を逮捕した。犯人は「白鷺さえ飛んでこなければ…」と悔しがった。そして、死刑になるとき「白鷺が飛んでこなければ逃げのびたのに…」と独り言をいって、最後には「日当野むらに白鷺が飛びくれば何事か起こらん」とわめき刑場の露と消えたという。
 以来、今日まで血によって汚された池の水は涸れてしまい、雨で一時溜ってもなぜかすぐに水はなくなってしまうようになった。そしてこのことがあってから日当野の村人は白鷺が飛んでくるのを忌み嫌うようになったという。



愛知・熱田神宮

熱田神宮には、信長塀という遺構が有名です。
永禄3年(1560)5月の桶狭間の戦いでは、25000人以上の今川義元の軍勢に、織田信長は3000-5000人ほどの兵力で向かい、勝利を収め、戦国時代の重要な転機となったことで知られます。
最初から、ほとんど勝ち目のない戦いだったようで、信長自身も、出陣前に、「人間五十年下天のうちをくらぶれば、云々」で有名な「敦盛」を舞ったとのこと。
当日は、わずかな軍勢を率いて、朝方、熱田神宮に到着します。そこで、願文を奏して、戦勝祈願をしています。このとき、熱田を支配していた大宮司の千秋氏や加藤氏の手勢を得ています。

このとき、本殿の奥から、甲冑の音が聞こえ、二羽の白鷺が、戦旗の先に飛ぶのを見て、勝利を感じたという言い伝えがあります。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ